特別賞:スターウォッチングチェアー


【Before(製作前)】

【After(製作後)】

【After(製作後)】

【After(製作後)】

作品名 : スターウォッチングチェアー

作 者 : 静岡県 - 井出 勝則 様

テーマ : イレクターで楽しく、美しく、快適に

テーマについて : 
双眼鏡を使ってのスターウォッチング(星空観望)をもっと楽しく快適に、気分はまるで宇宙遊泳!!

作品PR : 
重量1kg以上の双眼鏡を使ってのスターウォッチングは手ぶれと腕の疲れとの勝負です。特に天頂付近は連続30秒ほどが限界、三脚を使えば少しは楽になりますがやはり首が疲れたれりして意外と重労働です。そこで何とか椅子に座ったまま首を動かさずに全天を観望できる物を自作出来ないか色々と思案して見ましたが電動での回転機構は道具等もない素人には難しく諦めていました。
しかし、ある日イレクターパイプと電動シリンダーを知り、挑戦して見ることにしました。
構想3ヶ月、設計1ヶ月、製作3ヶ月、休日の少ない時間を使いながらこつこつと7ヶ月掛けてごらんのスターウォッチングチェアを完成させました。
椅子に座った状態で双眼鏡は固定されます。コントロールスイッチを操作し上下、水平方向に回転します。上下方向は水平線上17°から90°(天頂)まで約73°を53秒程(1.4°/s)で動きます。水平方向は137°程回転可能です。上下方向と同じく電動シリンダーで回転させている為、360°(全天)は断念しました。
座る時は双眼鏡が邪魔にならないよう上方向に跳ね上げられるようになっています。
椅子と体重、双眼鏡で約75kgの重量を2本の支柱(イレクターパイプ、HJ-10)と1本の電動シリンダーで支えています。おおよそパイプ1本当たり15kg~38kg、電動シリンダーには0~45kg程度の荷重が掛かる計算になります。
椅子本体は固定式キャスターで支えていますが双眼鏡で覗く為、ガタつきは致命的です。取付面及び接地面の平面度確保は難しい為、基本的に3点支持としガタつきが出ないようにしています。補助として2点追加し、計5つのキャスターを使っています。
椅子としては結構な大きさとなる為、最初から分解できるように設計し大きく4つに分けることが出来ます。これで車等に積むことも可能です。組立時間は15分程度です。

コメント : 
特別賞おめでとうございます。
電動シリンダーとの組み合わせの応募は私の記憶するところでは初めての作品です。
作品作成能力の高さに感服いたしております。
次回もアイデア満載の応募をお待ち申し上げます。


第17回受賞作品(2017年)                    → 過去の受賞作品


【 イレクター作品大賞 】
可変大収容傘立て

【 準大賞 】
ダイニングテーブル&チェアー

【 審査員特別賞 】
バスケットゴールの防球ネット

以下、特別賞


ゴミステーション

アンティーク調 扉付き収納棚 ~ぶどうの国へようこそ~

床下収納付きウッドデッキ

50's Dinner風 キャンピングカー


サイクルディスプレイラック

スターウォッチングチェアー

移動式多目的ゴミカート

↑TOPへ戻る

【 イレクターの基礎知識 】

【 イレクター部品 】

【 イレクター作品例 】

【 その他 】