よくある質問(Q&A) 部品について

お客さま相談室に寄せられる代表的な質問です。
お困りのことがあればまずこちらをチェックしてください。

Q01 メタルジョイントのご使用方法について
 組立分解を何度でも行えるりユース(再利用)可能なイレクター部品です。
 分解する必要があるもの、移動する必要があるものへのご使用に便利です。  →メタルジョイントページ参照


Q02 キャスターのご使用方法について
 ・パイプキャスター(4隅の柱に差し込むタイプ)は積載荷重50~100kgが目安です。


JC-40SA

JC-50

JC-75

JC-75S

YGR-50

YGR-50S

YGR-100

YGR-100S
 ・CJ、CK、CJF、CKFタイプは積載荷重100kg以上が目安です。

CJ

CK

CJF

CKF
 ・YJ、YK、YJC、YKCタイプは積載荷重100kg以上が目安です。

YJ

YK

YJC

YKC
 ※これらのキャスターのご使用については、お客さま相談室までご相談ください。
 台車製作時のキャスターは、積載荷重、使用頻度、床面、音対策等を考慮してお選びください。


Q03 フックボルトの屋根用と側面用の違いと波板(650×1800)1枚当たりの平均必要数について
 フックボルト屋根用
 ・フェルトにタールが染みこませてあるので防水性があります。
 ・波板の山につける為ボルトが長く作業が楽にできます。
 
 フックボルト側面用
 ・波板の低い部分に付ける為ボルトの出っ張りがありません。
 
 ・波板(650×1800)1枚当たり平均12~16個くらいを目安にしてください。
  下図の●はフックボルトの取付位置を示します。
 


Q04 プレートキャッチの特長と波板(650×1800)1枚当たりの平均必要数について
 見た目が良く、高級感があります。取り付け表面の出っ張りが少なく滑らかなため、安全性に優れています。
 接着方式のため波板交換時にジョイントも全部交換する作業が必要です。
 
 下図の●はフックボルトの取付位置を示します。
 


Q05 波板取り付けの際のイレクターパイプの間隔について
 600mmを目安にします。


Q06 フックボルト、プレートキャッチの波板取り付けピッチについて
 一般的には、200mmピッチです。風の強いところでは150mmピッチをおすすめします。


Q07 ネットの取り付けジョイントの部品名について
 J-166 … 接着は効きませんがワンタッチで脱着可能タイプです。
 J-38B … 接着固定タイプです。


J-166

J-38B


Q08 手すりに、J-102A、J-102B、J-103、J-117L、J-117Rのジョイントは使用できますか?
 手すり用等のジョイントとしてのご使用は、絶対にお止めください。
 これらのジョイントのご使用は、洋服掛け等、比較的軽量で危険性の少ないものに限定してください。


J-102A

J-102B

J-103

J-117L

J-117R


Q09 アジャスターと大型アジャスターの違いについて
 アジャスター
 ・ストローク20mm、実用耐荷重:1個当たり50kg(目安)
 ・特長としては、簡易アジャストタイプ(但し、水分の多いところには不適です)
  
 アジャスターL
 ・ストローク50mm、実用耐荷重:1個当たり60kg(目安)
 ・特長としては、ロックナット(ズレ防止機能)付きアジャストタイプ(防水タイプ)
 ・特長としては、簡易アジャストタイプ(但し、水分の多いところには不適です)
  


Q10 棚板(SB-300L)について
 大きさ … 900×300×20(H)mm(プラスチック製)
 特長 … プラスチック製、組み合わせ自由(切断不可)、脱着可、水洗可、腐食しません。
 注意事項 … 強度はイレクターフレームにもたせるよう設計ください。
      (取り付けベースピッチ180mm、取り付け金具付き)
 販売単位 … 2枚セット、3枚セット
 色 … ブラウン
 


Q11 J-21とJ-33は左用、右用があるのですか?
 どちらも左右共用ですので1種類です。


J-21

J-33


Q12 J-59A・Cのジョイントは後からでも取り付け出来ますか?
 製作したものを補強したり、組んだものにパイプを通したりする時に、後からでも取り付けることが出来る様に
 作られています。


J-59A

J-59C


Q13 Φ42のパイプは有りますか?
 ございます。尚、Φ42mmのパイプ強度は、Φ28パイプの2.5倍あります。


Q14 パイプの塗装について
 アクリル系スプレーをご使用ください。


Q15 フックボルト屋根用のフエルトは波板の上に取り付けるのですか?
   それとも波板の下に取り付けるのですか?

 フェルトは防水の役目を果たしますので、波板の上側にきます。



↑TOPへ戻る

【 イレクターの基礎知識 】

【 イレクター部品 】

【 イレクター作品例 】

【 その他 】