イレクターの強度 - 棚の強度

最大積載質量の条件は...

■常温の状態で板をイレクターのフレーム4辺にのせ、長辺・短辺のパイプに平均して荷重がかかった場合を
 想定した値です。(板の強度は含まれておりません)
■衝撃のかからない静荷重(静置した状態)を想定し、プラスチックジョイントは比例限界荷重から
 安全率3を、メタルジョイントは降伏点荷重から安全率5とした値です。

■棚サイズ 900×450×600(高さ)mm (芯寸法)

J-4を使用
 静荷重の場合の最大積載質量 : 170kg
 ※動荷重の場合の最大積載質量 : 100kg
 ※衝撃荷重の場合の最大積載質量 : 50kg

J-12Bを使用
 静荷重の場合の最大積載質量 : 200kg
 ※動荷重の場合の最大積載質量 : 120kg
 ※衝撃荷重の場合の最大積載質量 : 60kg

■棚サイズ 900×450×600(高さ)mm (芯寸法)

HJ-2を使用
 静荷重の場合の最大積載質量 : 200kg
 ※動荷重の場合の最大積載質量 : 120kg
 ※衝撃荷重の場合の最大積載質量 : 60kg

HJ-2を使用
 静荷重の場合の最大積載質量 : 200kg
 ※動荷重の場合の最大積載質量 : 120kg
 ※衝撃荷重の場合の最大積載質量 : 60kg

●イレクターを安全にご使用いただくため、ご使用前に必ず「ご使用いただくためのご注意」をお読みください。
●イレクターの強度の値は、あくまでも目安となる参考値です。
 つくるものの使用用途・使用環境・荷重のかかり方などにより、強度の値は変わってきますのでご注意ください。
●イレクターを使用して組み立てたものの強度は、その構造・サイズ・ジョイントの種類、そして接着が完全にされている
 などによって左右されます。
 設計段階ではつくるものの使用用途・使用環境・荷重のかかり方などを充分考慮して設計してください。

【関連ページ】

イレクターの強度:梁の強度

↑TOPへ戻る

【 イレクターの基礎知識 】

【 イレクター部品 】

【 イレクター作品例 】

【 その他 】